疾病予防・健康づくり(保健事業)
介護・健康教室

保健事業の一環として共同事業である"ふれあい健康事業推進協議会"が開催する介護・健康教室を当健保組合も利用することができます。

オンライン講座

オンライン講座は、ふれあい健康事業推進協議会ホームページからID・パスワードを入力して視聴します。
コースは随時更新します。

  介 護 教 室 健 康 教 室
コース名 介護準備学(相続) 美容と健康セルフケア
内容 介護が原因で争続に・・・
ならないよう「介護とその後」に備えた準備学
・相続とは
・介護が原因で争続に
・介護をした人の新しい権利
・争いを防ぐ財産管理と後見解約
・遺言について
・相続の手続き
東洋医学で解決!美容と健康のセルフケア
・セルフケアの基本的な考え方
・セルフケアの実践
・全身ケア/局所ケア
※「美容」とありますが主にストレス・眼精疲労・腰痛・胃腸などの不調に効くマッサージ法やツボを説明ています。
★老若男女問わずぜひご利用ください。
視聴時間 90分×2回 60分
カリキュラム
コース名 介護準備学(お金) ストレスマネジメント
内容 介護のパターンと心構え、大事なものを守るためのお金の話
介護準備を考える際、その費用は必ず大きな心配となります。介護経験者の立場 から、直面することが多い介護のパターンや、親・家族とのコミュニケーションの重要性、介護保険サービスを活用するポイントをわかりやすく伝えます。
コロナ禍におけるストレスマネジメント
・ストレスの正しい理解とメカニズム
・ストレッサー(ストレスの元)を減らそう
・ストレス対処資本を増やすストレスマネジメント 7つの行動
視聴時間 90分×2回 60分
カリキュラム
コース名 介護準備学(ストレス) 女性のための健康
内容 介護ストレスを溜めないための心構えと制度の活用
・ストレスをためないための心構え
・介護の相談窓口とパートナー探し
・制度を賢く使いこなそう
・専門家との付き合いで起きるトラブル
・認知症介護のストレスを減らすために
女性ホルモンを知って、人生を楽しく、キレイを磨く
・女性ホルモン(エストロゲン)の変化と働き
・成熟期によくみられる婦人科の病気
・更年期症候群の症状・診断・治療~更年期を健やかに過ごすために~
・働く女性のメンタルヘルス
・各年代で気をつけてほしいこと~女性がいきいきと過ごすために~
視聴時間 90分×2回 90分
カリキュラム
コース名 介護予防 睡眠
内容 新しい介護観で寝たきりを作らない介護予防と知っておきたい制度の活用
・健康寿命を延ばす介護予防
・知っておきたい介護の知識
・介護が必要になった時の対応
科学に基づくよりよい眠りのためのヒント
・睡眠不足と不眠の違い
・不眠症を科学する
・薬に頼らない眠りを促す方法
視聴時間 60分 60分
カリキュラム
コース名 認知症介護 介護自宅学習セット
内容 認知症フレンドリー講座
・認知症のイメージとは
・ミニムービー(前半)
・数字で把握してみよう
・認知症の定義
・認知症の病理について
・認知症に備える
・本人と向き合う
・withコロナ時代の認知症と介護
・ミニムービー(後半)
教材のみ欲しい方用
介護について学びたいがオンラインや教室参加はしたくない方、またご自身の介護予防について学びたい方など、ご自宅で学べる教材を提供します。
視聴時間 60分
カリキュラム

概要

(視聴期間) コース毎、視聴開始ボタンを押してから2週間何度でも視聴できます。
(利用方法) 申込後、10日前後にID・パスワードをEメールまたは郵送でお知らせします。
教材も希望の方はID・パスワードと合わせて封書で郵送します。
1名のお申し込みで同居されているご家族の皆様もご覧いただけます。
(視聴方法) 健保HPから視聴までの操作方法
(費用) 健保負担(受講料のみ。通信料等を除く)
(申込方法) 申込用紙に記入して健保鹿野(事業所の方は事業所の窓口)へExcel版をEメールでお送り下さい。(FAX・紙可) (mail) setsuko.shikano@jp.fujikura.com (tel) 03-5606-1031(7-21-6773) (fax) 03-5606-1560 (7-21-6859)
(申込締切) 毎週木曜日
(発送日) 申込んだ木曜日の10日前後発送予定
(注意) ID・パスワードは、申込毎、教室毎違います。
視聴期間終了後再度視聴を希望する場合は改めて申込書をお送り下さい。
ID・パスワ-ドの流用等はしないで下さい。
(キャンセル) 申込み受付後のキャンセルはできません。

利用補助規程

<令和3年度 変更内容>(令和3年4月1日申込分から)
・教材あり・なしの選択肢を削除し、全てのコースに教材を提供します。
・視聴期間を1週間から2週間へ延長します。
・受講アンケートを紙からWebに移行します。

ふれあい健康事業とは

2008年4月から特定健診・特定保健指導が実施されましたが、健保単独では効率が悪く、実施が難しかった生活習慣病の予防および介護予防・支援等の様々な事業を、多くの健康保険組合が共同で協力し合いながら実施をし、保健事業の充実を図ろうというものです。

わが国は、国民皆保険のもと、誰もが安心して医療を受けることができる医療制度を実現し、世界最長の平均寿命や高い保健医療水準を達成しています。しかし、急速な少子高齢化を背景に国民医療費は増大する一方です。そこで生活習慣病の予防が重要視されるようになってきました。青・壮年期から適切な生活習慣を心がけ、疾病の予防に取り組むことにより、高齢になっても元気で若々しく過せる人が多くなり、介護の必要な高齢者は少なくなります。

当健康保険組合では、このような健康・介護等に関する問題をより良く解決していくために、他の健保組合との共同で、健康や介護をテーマとした各種教室を全国各地で開催することにいたしました。

是非この機会に皆様でご参加ください。