Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合

文字サイズ
小
中
大

特別のサービスを受けたとき 一部を自己負担することで受信できます

先進医療(評価医療)や特別な療養(選定療養)を希望したときなどは、健康保険の枠を超える部分についての差額を自己負担して、特別のサービスを受けることができます。

特別のサービスを受けたとき

先進医療を受けるとき

新薬や新しい治療法など先進医療を受けるときは、診察・検査・投薬・入院料などの基礎部分も含めて全額が自己負担となります。しかし、保険への導入を検討することが必要な療養として厚生労働大臣が定めるものを受けた場合は、高度の医療技術を用いた療養部分のみを自己負担すれば、基礎部分については一部負担分を除いて保険外併用療養費(被扶養者は家族療養費)が受けられます。

特別な療養を希望したとき

次のような特別の療養を受けるときは、特別の療養にあたる部分を自己負担すれば、通常の療養と共通する部分は、一部負担分を除いて保険外併用療養費(被扶養者は家族療養費)が受けられます。

  •  個室などの特別な病室を希望したとき
  •  前歯の治療に金合金や白金加金の材料を希望したとき
  •  他の医療機関からの紹介なしに、200床以上の病院を受診したとき
  •  他の医療機関を紹介されたにもかかわらず、200床以上の病院の再診を受けたとき
  •  予約診療を希望したとき
  •  診療時間外の診察を希望したとき
  •  制限回数を超えて悪性腫瘍マーカー検査などを受けたとき
  •  入院医療の必要性が低い180日を超える入院をしているとき

など

患者負担

Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合
〒135-0042 東京都江東区木場1-5-1
  • Tel.03-5606-1031
  • /
  • Fax.03-5606-1560

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2013 Fujikura Health Insurance Society All Rights Reserved.