Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合

文字サイズ
小
中
大

病気やケガで仕事を休んだとき 給料の約85%が支給されます

被保険者が病気やケガのため仕事を休んで給料が支給されないとき、健康保険組合から「傷病手当金」が支給されます。
※業務上あるいは通勤途上の事故や災害により病気やケガをしたときは、労災保険の扱いとなります。

病気やケガで仕事を休んだとき

支給を受けられる条件

以下の4つの条件をすべて満たすことが必要です。
① 病気やケガの療養のための休業であること
② 療養のため今までの仕事につけないこと
③ 連続3日以上仕事を休んだこと(連続した3日の待期をおき、4日目から支給)
④ 給料の支払いがないこと(傷病手当金より少額の給料が支払われているときは差額を支給)
※ 任意継続被保険者である期間中に発生した病気・ケガについては支給されません。

支給される金額

休業1日につき、支給開始日の属する月以前の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1相当額の3分の2相当額。

ただし、ア・イ・ウに該当する場合は、傷病手当金の支給額が調整されます。
ア)事業主から給料を受けた場合
イ)同一の傷病により障害厚生年金(国民年金の障害基礎年金も含む)を受けている場合。又、傷病手当金の額の合計が、障害手当金の額に達する日まで支給停止。
ウ)退職後、老齢厚生年金や老齢基礎年金または退職共済年金などを受けている場合
●ア~ウの支給日額が傷病手当金の日額より多いときは、傷病手当金の支給はありません。傷病手当金の日額より少ないときは、その差額が支給されます。又、出産手当金が支給される場合で、出産手当金の額が傷病手当金の額より少ないときは、その差額が支給されます。

支給される期間

支給されることとなった日(3日以上連続して休んだ4日目)から、1年6ヵ月間です。

支給開始例

支給開始例のイメージです

当健保組合の付加給付

傷病手当金付加金

傷病手当金が支給される期間、1日につき支給開始日の属する月以前の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1相当額の100分の85相当額から傷病手当金額を控除した額を支給します。

手続き
◆申請書
・傷病手当金 傷病手当付加金 請求書
  • 記入例
※注意
・申請書の入手は事業所担当者にお申し出ください。
・事業所担当者を経由して提出してください。

給付金は事業主への委任払い(健保組合は被保険者が給付金の受領を委任した事業主に支払い、被保険者へは事業主から支払われます。)となります。
必ず「受取代理人の欄」を記入し、事業所担当者に提出してください。
(退職者は記入不要です。)

Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合
〒135-0042 東京都江東区木場1-5-1
  • Tel.03-5606-1031
  • /
  • Fax.03-5606-1560

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2013 Fujikura Health Insurance Society All Rights Reserved.