Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合

文字サイズ
小
中
大

在宅で訪問看護を受けたとき 自己負担は3割

在宅の末期がん患者や難病患者などが、医師の承認を受けて訪問看護事業者から派遣された看護師などに療養上必要な看護などを受けたとき、訪問看護療養費(被扶養者は家族訪問看護療養費)が健康保険から支給されます。

在宅で訪問看護を受けた

訪問看護療養費の額と支給方法

訪問看護療養費の額は、「指定訪問看護の費用額算定表」により算定された額から患者が負担する基本利用料を控除した額となります。基本利用料は、かかった費用の3割[小学校入学前は2割、70歳以上75歳未満(高齢受給者)は2割または3割]です。
訪問看護療養費は、健康保険組合が指定訪問看護事業者に直接支払うことになっていますので、患者は基本利用料のみを支払うことになります。
※平成25年度は1割に軽減されます。

当健保組合の付加給付

訪問看護療養費付加金/家族訪問看護療養費付加金

本人または1人の被扶養者が同一月、同一指定訪問看護事業者から訪問看護を受けたとき、指定訪問看護に要した費用につき、(家族)訪問看護療養費(高額療養費が支給される場合はその額を加えた額)を控除した額から25,000円を控除した額(100円未満切り捨て)を支給します(算出額が1,000円未満の場合は不支給)。

Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合
〒135-0042 東京都江東区木場1-5-1
  • Tel.03-5606-1031
  • /
  • Fax.03-5606-1560

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2013 Fujikura Health Insurance Society All Rights Reserved.