Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合

文字サイズ
小
中
大

平成27年度決算のお知らせ

当健康保険組合の平成28年度決算が去る7月28日に開催された組合会において承認され、決定いたしました。

決算のお知らせ

収入支出決算額

収入合計 38億2,372万円
支出合計 32億5,912万円
収入支出差引額 5億6,460万円
●経常収支は5億3,391万円の黒字

黒字決算となったが、将来的には厳しい状況

平成28年度決算は昨年度に引き続き黒字決算となり、経常収支でみると約5億34百万円の黒字となりました。
しかし、高齢者医療制度へ支出する納付金等の負担は大きく、当組合でも支出総額の約43%を占めています。また平成29年度より後期高齢者支援金が全面総報酬制となるため、納付金のさらなる負担増は避けられません。

データヘルス計画に基づいて保健事業を推進

みなさまの健康づくりを支援する健診等の保健事業は、平成27年度からスタートしたデータヘルス計画に基づき、計画通り実施しました。事業内容については効果検証し、平成29年度の保健事業計画に反映させております。
今後は「健康経営」をめざす事業主とのコラボ事業も進めてまいりますので、職場や健康保険組合から健診や特定保健指導のご案内、未受診の方向けのご案内等をもらったら、ぜひ受けていただくよう、お願いいたします。

おもな収入

健康保険収入

被保険者のみなさまと事業主から納めていただいた保険料です。37億655万円となりました。

国庫補助金収入

特定健診・特定保健指導の実施に要する費用などのために国から補助されるものです。390万円でした。

雑収入

積立金の利子、保養所の利用料収入、損害保険料等の収入で3,344万円でした。

おもな支出

事務費

当健康保険組合事務局の運営にかかわる諸経費と組合会関係費で6,595万円でした。

保険給付費

みなさまの医療費や各種給付金(出産、傷病等)のために支払った費用です。28年度は15億5,479万円でした。

納付金

高齢者医療制度等に拠出するための支出です。
前期高齢者納付金…65~74歳までの前期高齢者の医療費を支えるために7億28万円支出いたしました。
後期高齢者支援金…75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度へ6億6,826万円支出いたしました。

保健事業費

みなさまの健康づくりを支援するための費用です。特定健診・特定保健指導等、健診事業を中心に総額で1億7,511万円支出いたしました。

おもな支出

平成28年度の収支差引額は、5億6,459万円となり、別途積立金へ充当いたしました。

平成28年度収入支出予算

一般勘定

収入(単位:千円)
科目 平成28年度決算額 平成27年度決算額
健康保険収入 3,706,559 3,583,688
調整保険料収入 51,413 49,707
繰越・繰入金 0 0
国庫補助金収入 3,902 1,588
財政調整事業交付金 28,404 28,373
雑収入・その他 33,443 42,060
収入合計 3,823,721 3,705,416
支出(単位:千円)
科目 平成28年度決算額 平成27年度決算額
事務費 65,952 74,724
保険給付費 1,554,794 1,496,771
法定給付費 1,495,099 1,440,842
付加給付費 59,695 55,929
納付金 1,410,039 1,588,803
前期高齢者納付金 700,282
842,746
後期高齢者支援金 668,260 681,080
病床転換支援金 4 0
退職者給付拠出金 41,479 64,958
老人保健拠出金 14 19
保健事業費 175,110 178,094
財政調整事業拠出金 51,317 49,771
その他 1,917 4,031
支出合計 3,259,129 3,392,194

差引残金 564,592千円

介護勘定

収入支出差引額92,581千円
Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合
〒135-0042 東京都江東区木場1-5-1
  • Tel.03-5606-1031
  • /
  • Fax.03-5606-1560

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2013 Fujikura Health Insurance Society All Rights Reserved.